Innovation Cluster Community

 

食品イノベーション

     食品は急速に変化しています。よって、変わりゆく消費者のニーズに応えるために、科学技術とイノベーションにおいて事業者の競争力を強化することが重要なカギとなります。それ以外にも、農業・食品産業におけるバリューチェーン・ネットワークを構築し、生産者、研究機関、官民双方の支援機関、関連産業事業者間の専門性と能力を結びつけることが、商品の原価削減、価値の付加につながります。「民間向け研究団地」TSPでは、官民の様々な機関が食品イノベーションの研究開発、サービス提供を行っています。

 
 
 
      

食品研究開発施設 食品研究開発施設 NSTDA食品関連研究室 もっと読む

 
 
 
 
 

食品関連企業 食品産業・関連産業入居企業 もっと読む

 
 
 
 
 

食品ネットワーク 食品ネットワーク NSTDA内外の食品産業・関連産業支援サービス もっと読む

 
 
 
 
 

サービス&サポートもっと読む

 

Food R&D Facilities

NSTDA食品関連研究室
 

1.食品・飼料イノベーションセンター

          研究開発、バイオテクノロジーの活用により、新製品の発明や開発、開発した製品を商品化するまでの継続開発、工業レベルの生産システム試験開発、フィールド試験用製品サンプルの製作、事業可能性の評価など、民間部門の問題解決、ニーズに応えるイノベーションの創造を行っています。これにより、研究成果が商用化されるまでスピード感をもって引き継がれ、性能の向上が推進されます。

        海外からの科学技術調達や受入れの調整を行い、海外機関との共同研究提携を結ぶ橋渡しを行うべく、海外の科学技術をタイ国内事業の適性に合わせて調整から、学術的コンサルティング、技術サービス、官民部門への機器リースサービスの提供、人材の専門性と技術向上のための技術移転や専門研修の開催、生産開始から完了に至る食品安全管理基準策定のための定量リスク評価関連知識の構築まで行っています。

 

2. BIOTEC バイオプロセス施設

        様々な産業向けに、微生物からの代謝物・価値物質生産工程の研究開発技術移転を支援するBIOTECのインフラとして、拡張レベルの一般微生物および遺伝子組み換え微生物関連作業をサポートしています。

 

3.バイオセンシング技術部門 

        食品産業の研究活動では、食品安全性分析技術の開発特異性を持つ検知器の研究開発による食品品質分析、1度に数種の生物学的指標の検査が可能な検査キット技術の開発、食品の安全性を確保、商業競争力を高めるための食品内病原菌汚染物質検査に重点的に取り組んでいます。また、生物分子分析方法、代謝物検査による食品品質検査、食品に必要な栄養素を残す生産工程開発のための食品検査、重要栄養素の検査の開発を行い、バイオマーカーレベルの測定商用サービスも提供しています。

        農業研究分野では、工芸作物産業、工芸水産物産業の振興を目指し、数種の植物内病原菌検査キット用抗体アレイやビーズアレイ等アレイ技術応用など、特異性を持ち、1度に数種の検査が可能な、生物学的指標検出による診断技術の開発に重点的に取り組んでいます。また、魚やエビの病原性検査、DNAマイクロアレイ(次世代シーケンシング)やin silicoメソッドの利用によるエビの繁殖力検査にも重点的に取り組み、ブラックタイガー繁殖力の生物学的指標を研究するためのゲノミクス、トランスクリプトミクスレベルの研究、ブラックタイガーなど水生生物の免疫力を高め、プロバイオティクスへの開発が可能な有効バクテリア群インジケーター発見のためのビーズアレイ技術を利用したエビ腸内バクテリア群の研究、水生生物の病原性診断のためのナノ材料、マイクロ流体力学、LAMP色彩変化を組み合わせたLAMP技術の利用や電気化学センサー技術の開発も行っています。

 

4. キャッサバとキャッサバ粉の加工技術実施部門

        BIOTECとカセサート大学の提携機関で、キャッサバとキャッサバ粉産業の向上、他の産業との競争力の強化、官民双方への直接・間接的な利益の創出を目的に、キャッサバとキャッサバ粉関連技術の研究開発を行っています。構造特性分析、健康食品開発をサポートする高度な炭水化物物理化学、健康食品生産をサポートするデンプン消化酵素基本技術、食品に使用する化学的キャッサバ粉加工などを専門としています。

 

5. 生物多様性とバイオリソース部門

        タイ国内生物資源の生物多様性の研究開発、生物資源関連技術の継続研究と技術移転の推進を行っています。生物多様性進化、微生物分類をはじめ、微生物の生物間相互作用、生態学研究から、生物情報学、分子生物学、合成生物学の能力構築による標的タンパク質精製における微生物活動システムの開発などのシステム微生物学の研究開発に重点的に取り組み、微生物の利用をサポート、標的タンパク質精製システムの開発を行い、産業・環境利用を目指しています。

タイバイオリソースセンターでは、ウェブサイト http://www.tbrcnetwork.org/ を通じ、微生物、プラスミド、抗体など、有効利用が可能なデータを持つ10,000種以上の微生物による様々なバイオリソースサービスを提供しています。

 

6. 高分子物理研究室

        食品への食感付加、食品開発の流動学・力学的研究を専門にしています。高分子物理研究室では、流動性・粘弾性の専門性を従来と変わらない食感を持った健康食品や低脂肪食品の開発に応用しています。製品には、脂肪分フリーのマヨネーズ、低脂肪ウインナー、油分吸収の少ない唐揚げ粉、グルテンフリーのパンなどがあります。また研究室では今後、高齢者用食品やインスタント食品を開発する計画です。

 

7. プラスチック技術研究室

         研究開発を専門とし、高い能力と専門性を兼ね備えた人材、適切な最新技術の応用、整備された分析器具や機器、材料の基本特性による技術的サービスを提供し、ユーザーのニーズに合わせた様々な形状のプラスチック製品生産の知識ベースや材料・技術開発技能の構築、能力の強化を行っています。プラスチック技術研究室の主な活動は、プラスチック製品の開発・設計、プラスチック混合物・化合物、包装・産業用プラスチックフィルム技術の3分野から成っています。

Back to Top Page

食品関連企業

TSP内の食品産業・関連の民間企業  

1. Ueno Science Tech Laboratory (Thailand), Ltd.

健康食品有効成分の研究開発と食品衛生の開発

 

2. Air Products Asia (Technology Center) Co.,Ltd.

食品産業におけるガス、低温保存、冷凍保存、MA包装技術を利用した食品保存技術の研究開発センター

 

3. RPD (Thailand) Co.,Ltd.

微生物学研究室向けの食品・医薬品産業検査用培地フォーミュラ開発および既製培地の製造

 

4.Sretthapakdee Co., Ltd.

オセイン食品産業に使用する製品の研究開発(Ossein)

 

5. Milton Biotech Co., Ltd.

 冬虫夏草や薬用植物の品種改良、生産・加工方法の研究開発、成分分析センター

 

6. Mitr Phol Innovation & Research Center

最新式さとうきび畑の管理力、砂糖精製工程向上のための研究、品質確保ならびに商品やライフスタイルサービス提案を行う新製品の開発研究

 

7. Sun Group Tecnology Co., Ltd.

飼料、農場、食品、食品加工のサングループ社製品の研究開発

 

 
8. InnoFresh Co., Ltd

コールドソース、ホットソース、乾燥粉末製品と生産工程の研究開発センター

 

9. Bio Talk Technology (Thailand) Co., Ltd.

食品・飼料産業のアプリケーションとしての応用を目指した酵素関連プロトタイプ、パイロットプロセス試験の研究開発

 

10. Green Innovative Biotechnology Co., Ltd.

微生物や、動植物の成長促進・免疫力向上成分関連製品の研究開発センターの設置、生産技術研究開発の請負

 

11. CP Foodlab Co., Ltd.

食品内の微生物検査分析センターおよび研究室

 

12. Vet Products Research and Innovation Center Co., Ltd.

 動物用医薬品、飼料、飼料添加物の研究開発、検査分析サービス

 

13. Greattech Cybernatics Co.,Ltd

産業用オートメーション機器の設計・開発

 

14. Gravitechthai (Thailand) Co.,Ltd.

電子ボードプロトタイプ試験用マイクロコントローラボード設計生産の研究開発、事業拡大・産業利用の研究用プロトタイプ設計サービス

 

15. Biosci (Thailand) Co., Ltd.

繁殖管理システム(BMS)関連ソフトウェアの研究開発と設計

 

16. CDIP (Thailand) Co.,Ltd

薬品、栄養補助食品、ハーブ、化粧品の委託研究請負/検査分析/食品・医薬品安全局許認可登録サービスを提供する研究開発ラボとして設置

 

17. ECOLAB Southeast Asia Regional Technical Center

工場内生産工程の汚染削減のための食品安全衛生、公衆衛生、洗浄工程の応用研究、関連事業者への技術移転の場

 

18. Betagro Science Center Co.,Ltd.

ベタグログループの研究開発センター。検査分析サービスを提供、飼料の試験、動物の健康モニタリング、動物疾患、消費用肉製品診断用の中央研究室として機能。

 

19. Austrianova (Thailand) Co., Ltd.

細胞カプセル化技術の研究開発

 

20. Zoetis (Thailand) Limited

ワクチンの効能試験、細菌の検査分析、家畜用医薬品事業製品である抗生剤の品質検査サービスセンター

 

21. TUV SUD (Thailand) Limited.

食品添加物、食品成分、シーフード・肉、飲料水、加工食品、機能食品などの食品検査分析サービスを提供

 

22. Advance Asian Co.,Ltd.

        品種選定バイオテクノロジーの研究により産業に適した特産品を開発し、栽培収穫量を増やすための工芸植物、多年生植物、エネルギー作物の品種改良、研究開発、科学技術関連機関と専門教育機関との共同研究

トップに戻る

食品ネットワーク>

食品イノベーション事業と関連産業のためのサービスとサポートをあわせて行っています。
 

1. カセサート大学食品開発研究所

        事業者のニーズに合わせた食品の研究開発サービスを提供。選別、抽出、濃縮、精製技術、健康食品用主成分のカプセル化技術、高圧利用の加工技術、混合・成形技術、食品品質と消費者科学の検査技術、食品生産チェーン向け包装・物流技術、衛生的デザインが求められる自動生産システム用食品接触機器の設計技術を活用して完全一体型の食品開発を目指し、経験豊富な専門の研究者による学術的アドバイスを提供、研究課程に合わせた製品を開発。

 

2. マヒドン大学栄養研究所

        保健省食品法に基づく検査分析から保健省 食品・医薬品局の許認可までのサービスを提供。登録可能な食品サンプルの分析が可能な研究所として、現在、保健省告示の登録食品25種の分析サービスが可能。食品成分分析、タイ国内外の栄養表示作成用分析、物理学的特性分析、食品添加物・汚染物質の分析、食品内微生物分析、生物学的分析サービスを提供。

 

3. 発酵技術研究・サービスセンター (FTC)

        大学教授、官民機関の研究者はじめOTOP、SMEクラスの事業者や大企業向けに、発酵関連の生産規模拡大と下流工程サービスを、専門家のアドバイスや、発酵技術を要する委託研究の請負サービスと共に提供。発酵槽や凍結乾燥機などの生産用機器も完備。

 

4. 科学技術省科学サービス局

        科学・感覚関連技術による食感と食品の品質と安全性(食感評価:食品の品質と成分、食品添加物と添加剤の品質と安全性)など食品品質の検査分析サービスを提供。

 

5.タイ科学技術研究所(TISTR

        食品産業および栄養補助食品製造業に対し、抽出物や生物学的有効成分の開発や、製品イノベーション、食品・栄養補助食品製造技術の開発、パッケージのデザイン、食品加工機器の設計と開発から、ラボレベルの生産から商業生産への生産力の拡大など、一貫した研究開発サービスを提供。

 

6. 食品協会

        生産、規格や品質改良フォーマットの開発に関わる食品産業技術の研究開発サービスを提供。食品品質検査および認証方法の検査分析サービス、食品事業者への食品産業関連の学術的アドバイス、事業者へのHACCP品質システム構築に関するアドバイスを提供。


トップに戻る
 

Auto Parts Innovation

     自動車部品イノベーションクラスターは、TSP内外で技術開発とイノベーション創出の役割を担う機関や人々の統合体です。関連知識や技術を自動車・自動車部品産業の問題解決に活かし、自動車関連事業者に対する生産工程の能力強化と、潜在可能性の向上を主な目的としています。

 
 
 
      

自動車部品研究開発施設   もっと読む

 
 
 
 
      

自動車部品工場   もっと読む

 
 
 
 
      

自動車部品ネットワーク   もっと読む

 
 
 
 
      

サービス&サポート   もっと読む

 

Auto Parts R&D Facilities

MTEC

NECTEC

PTEC
          設定基準に従う、国際基準の最新機器を使用した専門性の高い、電磁両立性の検査サービス、コンサルティングサービス、工場の検査、国際認証の申請、RFマイクロ波機器やEMC検査器具の校正サービスを提供。工業標準局より校正ラボ認証ISO/IECL 17025:2005を取得。

DECC
          CAEを活用した、問題・修正ガイドライン分析、新工業製品開発のコンサルティングサービス、CAE研修の開催

TUV SUD
          化学、材料、音波、電気製品の安全性、EMC規格、燃焼、食品、建築、自動車、電気通信などの分析、検査、認証サービスを提供

自動車部品検査要覧
          タイ自動車部品検査・器具検査サービス名簿は、タイにおける自動車部品検査サービス手引書の決定版

タイ自動車協会
          情報、製品検査/試験、開発研修、作業技能認定などのサービスを事業者に提供

MTECの分析・検査サービス
          専門知識を持った人材が20を超える最新検査器具を使用して、国際基準の分析・検査方法で行う民間部門・公的機関向け材料・製品の特性分析・検査サービス。サービス利用者は、分析・検査結果を基礎データとし、製品の欠陥修正や生産工程で生じる問題解決に用いることが可能。

電気・エレクトロニクス協会
          電気製品の検査サービス、測定器具の校正、工業プラントの品質検査サービスを提供するオペレーションセンター

タイ‐ドイツ協会
          機械・オートメーションシステムセンター、金型・機器センター、メンテナンスセンター。産業管理、技術研修、マネジメント研修を開催。

Auto Parts Firm

KEIHIN ケーヒン
          海外輸入材料に代わる国内材料の設計、分析、検査を行い、タイ国内のケーヒン社の自動車部品生産をサポート

SUMITOMO 住友
          自動車産業用天然ゴム材料の研究開発

AAPICO
          高度道路交通システムの研究開発

Mould Mate
          物流用ゴムクローラーとゴムタイヤの研究開発

TAISEI
         ファインメタル部品使用機器の性能向上のための研究開発 

自動車部品ネットワーク

 

オートメーション、ロボティクス、インテリジェンスシステム (ARI)

     タイでは、オートメーション機器輸入額の成長率が年7.89%で、タイをインダストリー4.0へ推進する政府の支援により今後も継続した成長が見込まれています。オートメーション、ロボティクス、インテリジェンスシステムの開発は、各分野専門技術の結集と、明確かつ継続した政府の支援方針にかかっています。

 
 

BOIデータ

TSP」は、技術サービス提供者、専門家、公的部門の支援、オートメーション、ロボティクス、インテリジェンスシステム産業の開発に着手し、近い将来確固たる地位を築くのに適した、重要イノベーションのインフラを兼ね備えた場所である。

 
 
 
      

ARI 研究開発施設   もっと読む

 
 
 
 
      

ARI 企業               もっと読む

 
 
 
 
      

ARI ネットワーク   もっと読む

 
 
 
 
      

サービス&サポート   もっと読む

 

ARI 研究開発施設

ARI 企業

オートメーション & ロボティクス

センサー & 視覚システム

機器設計&製作

サイバーセキュリティ

有機プリンテッドエレクトロニクス & 官能化グラフェン

水中コミュニケーション<

地図 & 地理情報

検査&認証